自宅マンションを貸すリロケーションについて

自宅マンションを貸すリロケーションについて紹介します

リロケーションとは?

リロケーションとは?

By on 2016年11月24日

現在では、リロケーションを専門的に取り扱う会社も登場し、リロケーションの市場も拡大する傾向にあります。リロケーションを手掛ける多くの会社では、パッケージプランを用意して、利用者の便宜を図っています。

リロケーションは、貸す側にとって家賃収入が得られるというメリットがあります。何もしなければ、留守宅は全く経済価値を生み出さないことを考えると、リロケーションによる家賃収入は魅力的です。また、借りる側にとっても、5年定期借家の契約を結べば、2年ごとの契約更新料が要らないという利点があり、賃貸物件の1種としての知名度が高まって来ています。

リロケーションとは、転勤をするビジネスパーソンなどが、留守の間、自宅のマンションなどを賃貸物件にすることを意味します。かつては、自宅をいったん貸してしまうと、自分が戻って来た時に明け渡してもらえない可能性があったため、賃貸市場に留守宅が出回るケースは少なかったのです。

しかし、その後「借地借家法」という法律が整備され、1992年に「期限付借家権」が創設され、2000年には「定期借家権」が導入されました。そのことにより、期限付きで自宅を貸し、契約期間が満了して確実に明け渡された状態で自宅に戻ることができるようになりました。