自宅マンションを貸すリロケーションについて

自宅マンションを貸すリロケーションについて紹介します

マンション等の運用

By on 2016年11月04日

転勤などをする際、留守宅を資産として運用する方法に、リロケーションがあります。リロケーションでは、期限付きで留守宅を貸し、契約が満了した後に、自分がその物件に戻って来て再び住むことができます。リロケーションは、貸す側にも、借りる側にも、一定のメリットをもたらしてくれます。現在では、リロケーション専門の会社も現れ、リロケーション市場も拡大しつつあります。

かつては、留守宅を貸した後、戻って来た時に明け渡してもらえない可能性がありました。しかしながら、その後の法整備により、初めから期限を定めて賃貸し、確実に明け渡された自宅へと戻ることが可能になりました。

リロケーション物件を管理するためには、さまざまな種類の業務を行なわなければなりません。それらの業務は、業者に一任するのが一般的となっています。そうすることで、賃料による収入は目減りするものの、オーナーは物件の全ての管理業務から解放されます。ただし、リロケーションの場合、一般の賃貸経営とは違って、貸した物件に自分が戻り、再び住むことが前提なので、その点を踏まえて信頼度の高い業者を選ぶことが大事になります。

当サイトでは、リロケーションをする際に押さえておきたいポイントについて、詳しく解説してまいります。皆さんの中で、これから転勤などを控え、自宅のマンションなどをリロケーション物件として利用することを予定している方は、是非とも参考にしてみて下さい。