自宅マンションを貸すリロケーションについて

自宅マンションを貸すリロケーションについて紹介します

留守宅を賃貸する際は

By on 2016年12月16日

転勤などに際して、留守にする自宅マンションを貸すとなると、入居者の募集や賃貸借契約の締結、家賃の催促、クレーム処理、敷金の返還など、さまざまな管理業務が発生して来ます。

リロケーションの場合、それら全ての業務を、管理会社や不動産会社に委託するのが一般的です。そのようにすることで、オーナーの家賃収入は減額されることとなりますが、オーナーは、留守宅の管理に一切気を取られず、安心して転勤先などで生活することができます。リロケーションにおける管理の方法や掛かる費用が、物件やオーナーによって変わって来くることは言うまでもありませんが、まずはおおよその目安を知ることから始めると良いでしょう。

リロケーションをするにあたっては、どの業者に管理を委託するかという問題が発生して来ます。一般的な賃貸住宅の経営とは異なり、リロケーションの場合、貸した物件にゆくゆくは自分が戻って来て、再び利用することが前提となっています。そのため、賃料による収入や管理費だけではなく、借り手の選定方法や管理の丁寧さといった条件に於いて、信頼の置ける業者を選ぶことが大切です。

具体的な方法としては、初めから1社に決めてかかるのではなく、複数の会社を比較・検討した上で決定するのが良いでしょう。